知恩寺の手作り市

  • ブックマーク

毎月15日に行われる知恩寺の手作り市。
まるで春のような陽気に誘われ、ふらりと散歩がてら行って来ました。

 

どちらもろくな写真じゃないですが。
日曜日、おまけにこの陽気で、ものすごい人出。

それにしても、出店しているお店の種類の豊富なこと。
アクセサリーや陶器、絵画、ニット雑貨、家具、カバン、
シフォンケーキ、パン、クッキー、漬物などなど、ジャンル一切関係なし。
共通しているのは、手作りということだけ…か。

中には何の加工もしていない、拾ってきたであろう
松ぼっくりが200円で売られていて、ビックリ。
何でもあり!という感じ。

以前ブログでも紹介した「御多福珈琲」さんも出店してました。
野田マスターは相変わらず素敵なモミアゲで。

手作り市は、グルグルと見て歩くだけでも楽しい。
お祭りの屋台をのぞく感じで、心浮かれる。

来月も手作り市が行われる15日は日曜日ですよ~。

ちなみにこれは、散歩途中に見つけた、ひとん家の枝垂れ梅。
近づいて写真を撮っていたら、イイ匂い。春は、もうすぐそこかなぁ。

知恩寺
住所:京都市左京区田中門前町103
電話:075-781-9171

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。