週末はおうちでたこ焼きパーティー

  • ブックマーク

我が家に鉄板が来たのがうれしく、週末ごとに登場しているような気がします。

というわけで、お好み焼きにつづき、今回はたこ焼き!

たこ焼きの液を流し込んで、タコや天かす、刻んだしょうがやキャベツを加えて、焼けるのを待つ。

この、焼けるのを待つまでの時間…たこ焼きを早くひっくり返したくて、ウズウズします(はしっこでお餅を焼いてる)

半分焼けてきたら、ひっくり返して、横にはみ出した生地は全部穴に押し込んで、丸く丸くなるように。

竹ぐしでたこ焼きを一個ずつクルクル、つんつんするのが楽しい。

たこ焼きくるくる、ツンツン。楽しい…!

江角悠子さん(@yuko_ezumi)がシェアした投稿 –

たこ焼きパーティなのに、子どもに「タコ入れないで!」とか言われて、半分タコなし。プチお好み焼き感覚なんだろーか。

お好み焼きもやって、たこ焼きもしたから、次は焼肉かな。焼きそばかな。

このホットプレート、元々は実家にあったもの。両親は今2人暮らしで、2人だと全く使わないというので譲ってもらったのです。

最初は、ホットプレートの箱がものすごく大きくて置いておくの邪魔だなぁと思って。あと鉄板は重いし、片付けも面倒だなぁと思っていたんですが、あると楽しく使えるので、週末なら使おうかなという気になるし(平日は無理)、想像以上に重宝しています!  ホットプレートを囲んで賑やかにご飯を食べるのは、子どもがいる間だけの楽しみかもしれない。

ちなみに、うちで使っているのは、こちらのホットプレート。

象印 ホットプレート TA EA-ET30 ブラウン
象印
売り上げランキング: 11,849

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。