週末はおうちでたこ焼きパーティー

広告

我が家に鉄板が来たのがうれしく、週末ごとに登場しているような気がします。

というわけで、お好み焼きにつづき、今回はたこ焼き!

たこ焼きの液を流し込んで、タコや天かす、刻んだしょうがやキャベツを加えて、焼けるのを待つ。

この、焼けるのを待つまでの時間…たこ焼きを早くひっくり返したくて、ウズウズします(はしっこでお餅を焼いてる)

半分焼けてきたら、ひっくり返して、横にはみ出した生地は全部穴に押し込んで、丸く丸くなるように。

竹ぐしでたこ焼きを一個ずつクルクル、つんつんするのが楽しい。

たこ焼きくるくる、ツンツン。楽しい…!

江角悠子さん(@yuko_ezumi)がシェアした投稿 –

たこ焼きパーティなのに、子どもに「タコ入れないで!」とか言われて、半分タコなし。プチお好み焼き感覚なんだろーか。

お好み焼きもやって、たこ焼きもしたから、次は焼肉かな。焼きそばかな。

このホットプレート、元々は実家にあったもの。両親は今2人暮らしで、2人だと全く使わないというので譲ってもらったのです。

最初は、ホットプレートの箱がものすごく大きくて置いておくの邪魔だなぁと思って。あと鉄板は重いし、片付けも面倒だなぁと思っていたんですが、あると楽しく使えるので、週末なら使おうかなという気になるし(平日は無理)、想像以上に重宝しています!  ホットプレートを囲んで賑やかにご飯を食べるのは、子どもがいる間だけの楽しみかもしれない。

ちなみに、うちで使っているのは、こちらのホットプレート。

象印 ホットプレート TA EA-ET30 ブラウン
象印
売り上げランキング: 11,849
広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!