9歳の息子がどハマりしているカードゲーム「デュエマ」

  • ブックマーク

我が家では、この4月にゲーム解禁となり、息子がお年玉でswitchを購入。スプラトゥーン2を嬉々としてやっていたわけですが、早くも興味は次に移り、今ハマっているのが、トレーディングカードゲーム、デュエル・マスターズ。

略して「デュエマ」。

カードはコンビニなどに売ってるらしく、息子はお小遣いを貯めてはコンビニに買いにいっている(ファミマにはよく置いてあるらしい)。

162円で1つ買うと、カードが5枚入っているそうで、今週だけでもう4回も買っているので、さすがに止めた。

でも、カードは40枚ないとゲームに参加できないとのことで…てことは、8つも買わないといけないのか。高いな!

息子が毎日毎日、レアなカードが出たとか、強いカードもらったとか、熱心に報告してくれるのだけど、「ジョリー・ザ・ジョニーが強いんやで、●●くんにもらった!」とかもう、何を言ってるのか全然分からない。

デュエマというのも、今ブログを書くために初めて知ったところで、へー、そんな名前だったんか。

私の子どもの頃は、ビックリマンチョコのシール?カード?集めが人気だったかなぁ。

せっかく3万もするswitchを買ったというのに「switchより面白いっ!!!」と言っている。「前までスプラトゥーンがこの世で一番面白いと思ってたのに、それより面白いもんがあるんやなぁ」だって。

息子よ、あんたはまだまだ9年しかこの世に生きていないのだから。

この世には、もっともっと、もーっと楽しくて楽しくてたまらない!ということがあると思うよ。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。