【閉店】ロンドンで人気のデリカフェ「フランツ&エヴァンス」が京都・三条通にオープン!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角悠子(@ezu1030)です。

さて、4月24日オープンの「FRANZÈ & EVANS LONDON(フランツ&エヴァンス ロンドン)」のレセプションに呼んでいただき、行ってきました〜!

フランツ&エヴァンス とは、ロンドンで人気のデリカフェだそうで、東京に続き日本で2店舗目となるお店が京都三条通りにオープンするとのこと。

とっても素敵なお店だったので、写真たっぷりに紹介したいと思います!

スポンサーリンク



お店があるのは、麩屋町三条通の北東角

以前は、よーじやのカフェがあった場所というと分かりやすいかな。角にどーんとこんな感じ。

京都だけのベーカリーコーナー!モーニングも楽しめます

京都店では、東京のお店にはないベーカリーも登場。朝は8時からオープンしており、こちらも日本では初登場となるモーニングも楽しめるのだそう。これは旅行者にもうれしい。

ベーカリーがあれば行列ができてても、パンだけさっと買って帰るくらいならできるかな。

11時まで提供されるモーニングメニューの一部はこんな。

イングリッシュブレックファースト 1,750円

こちらは、フレンチトースト 1,480円。焼いたバナナ、甘くておいしそう〜!

彩りもきれいな選べるデリ

デリはこんな風にショーケースに並んでおり、好きなものを選んでオーダーするスタイル。テイクアウトもできるほか、ランチもあります。ランチプレート は1,380円〜で、各種デリサラダ2種類、ホットディッシュ1種類、ドリンクとパンがついています。

気になるお味は、

「FRANZÈ & EVANS LONDON」が提案するのは、イタリアンや地中海料理をベースに、大きくカットされた野菜をたっ ぷり使うモダンブリティッシュスタイル。“料理はクリエイティブであること” をモットーに、ホームメイドのような温かみと視覚的にも楽しい独創性溢れるメニューを提供

とのことで、見た目はこんな華やか!

この日試食させてもらったのはお野菜たっぷりで、結構お腹が満たされました。

こちらは友人が選んだプレート。

デリのレシピは、本国ロンドンのものと同じだそうで、使っている調味料も同じ。中には日本の調味料、味噌やごま油といったものも使われているとのこと。これは意外でした。

でもやっぱり異国の味はしていて、使っている食材もキヌアなど珍しいものがあり、私はとても好きだった! 外国のレストランに来た感じで、ちょっと旅行気分が楽しめる。

大きくカットされた野菜は味が濃く、それ自体がおいしいかったです。京都店では、京壬生菜や京たけのこと九条ねぎなど、京都の食材を使った京都店限定デリもあり。

デリの横に並んでいるスイーツがもう!!

目を奪われるのは、彩りきれいなデリだけではありません。眺めているだけで幸せになれそうな、見目麗しいスイーツたち!!

あれもこれも目移りすること間違いなし。

さらに!インスタ映え映えのスイーツ「イートンメス

日本オリジナルの人気スイーツは「イートンメス 」1890円だそうで、上の写真は、京都店限定 「イートンメス 抹茶と丹波黒豆」。

イートンメスとは、資料によると

メレンゲと生クリーム、フルーツをごちゃごちゃに混ぜて食べる、英国のトラディ ショナルスイーツ。FRANZÈ & EVANS では、フルーツやヨーグルトベースのシェイク に、メレンゲを使ったスイーツ “パブロヴァ” をダイナミックにトッピングした、贅沢な スイーツドリンクとして提供し、SNS等でも大きな話題を集めています。

なかなかいいお値段するけど、これは一度食べてみたい!

イートンメスという言葉がなかなか覚えられませんが…。イートンメス。イートンメス。

店内は広々

モダンなインテリアで統一された店内。奥が結構広かった。これなら行列もしない…のかなぁ。すぐに人気店になってしまいそうな気がする。

というわけで、ロンドン発、東京でも人気のデリカフェが京都にも! ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょーか!




FRANZÈ & EVANS LONDON(フランツ&エヴァンス ロンドン)のデータ

京都市中京区弁慶石町39

京都市中京区三条通東入弁慶石町39三条TCビル1F
8:00〜23:00(ベーカリーは〜20:00、デリは11:00〜)
075-254-7749

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。