小学4年、ついにゲーム解禁の我が家

  • ブックマーク

我が家では小学4年生になったら「Switch、買ってもいいよ」ということに、いつの間にかなっていて。

息子はお年玉を貯めて、ついにこの日を迎えたのでした!

うれしくて自分のタブレットで写真を撮る息子。

買ったソフトは、スプラトゥーン2。イカ人間?がそこらじゅうペンキを塗りまくるというゲーム(という解釈は合ってるのか?)

息子がこのゲームの魅力を熱く、しつこく、延々と語ってくれるのだけど、これが全く分からない。

ゲームをやらせてあげようか?と熱心に言ってくれるのだけど、全くもってやる気がしない。

ゲームは平日30分。土日は1時間していいよ、ということになっていて、まだ2日目だけど、息子はタイマーを使ってきっちり守ってる。

新しいおもちゃを手に入れて、やりたくてやりたくて仕方がないだろうに、きっちり守る息子がいじらしい。

ゲームをやり終えたあとは、電源の入っていないSwitchを手に持って眺めていたりして、これまたいじらしく。

思いっきり、飽きるほどやらせてあげたい気もするなぁ。春休みだし。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。