京都「名代おめん」…ツルツルの麺、たっぷり具材がおいしい!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

ウツウツとした天気が続いて、なんだか気分も晴れない。
早く梅雨が明けたらいいのに。

さらに暑い季節になると、だんだん食欲もなくなって、
お昼ご飯はたいていあっさりとした麺類。

広告

温かいのも冷たいのも!一年中食べたい「おめん」のうどん

こんなとき思い出すのが、銀閣寺のすぐ側にある「おめん」のうどん。

シンプルな釜揚げうどんなんだけど、薬味に白菜やきんぴらごぼう、
ねぎなど、たっぷりの具で味わえるのがうれしい。
ツユに好きなだけ白ゴマを散して、ツルツル頂く。

夏場なら、冷たいおめんもオススメ。
名物のおめんの他に、鳥の山椒焼き(750円)や
長芋とうふ うにのせ(650円)なんていう毎月変わるメニューもあって、
次行くときは、夕暮れ時に冷酒と一緒に一品料理を楽しみたいなぁなんて思う。

ちなみに名代おめんは1,150円。うどんにしてはいいお値段。もうちょっと安ければなおウレシ!のですが、具材があれだけたくさんあれば、この値段はするなぁって思うはず。

休日になるとたいていの行列しているので、時間帯をずらして行くか、あらかじめ予約して行くのがオススメです。
予約についてはこちらを参考に!

データ

京都市左京区浄土寺石橋町74

住所:京都市左京区浄土寺石橋町74
電話:075-771-8994
時間: 11:00-21:00 (ラストオーダー20:30)
1F 座敷34席、カウンター8席 2F テーブル40席 ※全席禁煙

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします