京都高島屋にある「八起庵」で食べる、絶品親子丼!!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

梅雨がようやく明け、青空が気持ちい~!こんな日は、朝から気分は夏休み。

さて、ふと親子丼が食べたいなぁと思いついたので、今日は、以前取材した「八起庵」をご紹介。

鳥会席料理の名店として知られる料亭「八起庵」。

本店は川端丸太町を少し上ったところにあり、私が行ったのは、昨年オープンした高島屋京都店の7階「京回廊」にあるお店。ここでのランチタイムメニューは、親子丼と鴨なんばの2品のみ。

これが自家農園で育てた鶏肉と卵を使った親子丼(1575円)。

トロトロッと中央の黄身をくずしながらだしのうまみが染みこんだ鶏肉を食べるのが、イイ。取材後も何度か食べに行ったけど、おダシの味と卵の濃厚な感じが私は好き。料亭っていうとちょっと敷居が高いけど、高島屋京都店なら気軽に行けちゃうのもいい。

夜は、本店とはまた違う内容の鳥づくし会席料理が楽しめるそう。ちなみに以前食べに行ったときは、店頭で鶏なべ用のダシ+うどんセット(2000円だったかな?)みたいなのを売っていて、試しにお買い上げ。自宅で適当な野菜を放り込んで鶏鍋をしたけど、なんか料亭の味をリーズナブルに楽しめてよかった。

ダイニングガーデン京回廊
住所:京都市下京区四条通河原町西入ル真町52
電話:075-221-8811(20時以降075-252-7367)

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします