〜京都・西院Maker〜ろうそくの灯りで過ごす夜『朔月の晩餐会』

  • ブックマーク

下鴨のお店「まゆらう」の店主・ようこさんに誘っていただき、西院にあるレストランMakerで開催された、世にも素敵なイベントに行ってました!!

text by:江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



新月の夜に開催されたイベント『朔月の晩餐会』へ

前から気になっていた西院のお店「Maker 」。ここは有機野菜とハーブとスパイスの料理店で、60年前に建てられた元質屋を、3年かけてセルフリノベーションしたのだそう。

店の中央には10名掛けの大きなテーブルがあって、その延長にあるオープンキッチンでの調理が臨場感ある店内。

…というわけで、お店に着いたら、なんとも素敵な空間が広がっていて、思わず息を飲みました。

店内のしつらえが、センスが良すぎて、どこをどう切り取っても絵になる!

こんな美しい場に居られるなんて、幸福すぎる、私。

今回のイベントは

旧暦ではお正月を迎える、如月・朔月の夜。
京都西院 Makerのお食事とmama!milkの演奏をチエミサラの灯火の中で
お過ごしいただく特別な晩餐会をご用意致しました。

というもので、テーブルを埋め尽くすように置いてあったろうそくは、広島在住の蝋燭作家・チエミサラさんによるもの。

さて、演奏の前にお食事がスタート。

本日のメニュー

▲柑橘とトマトのブルスケッタ

▲苺とアボカド、クミンシードのサラダ

▲自家製天然酵母パン

▲菊芋と豚バラのスープ

▲仔羊のロースト

暗い中で撮っているので、あんまりどんな料理か分からないかも知れませんが。

どれも食材の旨味を味わえるもので、アボカドといちごとか食材の組み合わせがとても面白かった!仔羊のローストとか、ソースも美味しいし、赤ワインもススムすすむ。

あと、ろうそくの灯りで見る人の顔って、とても美しくて、すごくいいなと思いました。ダイアログ・イン・ザ・ダークを体験したときのような癒しを感じて、隅々まで見えすぎなくていいんだよな、世界は、とまたしみじみ。

こんなところに夢のような非日常があったなぁと思って、蝋燭作家のチエミサラさんにそんなことを伝えたところ、「私はこれを日常にして欲しくて活動しているんです」とおっしゃってて、これまた素敵だなぁと思い感化されまくって、思わずろうそくを購入して帰りました。

こんな世界が私の日常にあったら、それは本当に素敵。暮らしの中に火の灯りがあるというのは、とてもいい。

そんな後に、mama!milk さんの生演奏なんか聴いてしまったら、この世のあらゆるものに感謝したくなって、ありがたいなぁって思って、ちょっと涙が出そうになりました。

 

素敵な夜をありがとうございました!!!

 

Maker

京都市右京区西院三蔵町49
075-950-0081
18:00〜0:30
https://www.makerkyoto.com/

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。