五右衛門風呂が気持ちいい!京都・大原の温泉「大原の里」へ

  • ブックマーク

先月に引き続き、またまた大原へ。
今回は大原にある温泉へ、初めて行ってきました。

鞍馬の温泉もいいなぁと思ったのですが、
オムツの取れていない子どもは入れないとHPにあったので、断念。

大原の里は、温泉だけ入るというコースはなく、日帰りなら
お風呂プラス、おはぎが付いたり、おにぎりが付いたり、
民宿なので、泊まることもできます。

以下、ホームページより。

おはぎコース 1,000円
おにぎり・味噌汁コース 1,200円
うどん・そばコース 1,500円
味噌鍋コース 大人 3,500円
コラーゲン味噌鍋コース 大人 4,000円
地鶏すき焼きコース 大人 4,500円
ピリ辛味噌鍋コース 大人 4,500円
ぼたん鍋コース 大人 5,500円
※コースによっては前日までに要予約

私たちは、おはぎコース。
ちなみに、おはぎか、味噌アイスクリームか選べます。
子どもは半額。0歳から入浴料がいるんだったかな?
1歳の息子は500円でした。おはぎはナシ。

お風呂は、内風呂に、露天風呂、露天五右衛門風呂と3つ。
特に五右衛門風呂は、緑がいーっぱいに感じられてて、気持ちいい。
シンと静かな森に中、温かなお湯につかって、ほっこり幸せ~。

温泉の様子はコチラから

とくに、今は京都のオフシーズン。平日だったため入浴していたのは私たちだけ。
貸切状態でノビノビと温泉を満喫したのでした。

しっとり梅雨のときの温泉も風情があっていいかもなぁと思ったり。

 

お風呂を出ると、向かいの建物「雲井茶屋」に移動して、お茶タイム。
白みそアイス、初体験でしたが、味噌の違和感は全然なく、
コクがあって、上品な高級ミルクアイスという感じ。

 

テーブル席とお座敷もある、雲井茶屋。
雲井茶屋の前には、お味噌屋さんがあって、
ここで白みそアイスも販売されていました。

味噌汁を味見させてもらったら、これまたおいしかったので、
1年ものの蔵出し味噌(400g/630円)を1つお買い上げ。
おいしいけれど、でもちょっと高いなぁ。
ま、大原に来た記念ということで。

白みその生キャラメルなんてのもありました。
おいしかったけれど、40g・8粒入りで1000円と、
超!高級だったので、味見で満足して帰ってきたのでした。

大原温泉 湯元 京の民宿 大原の里
住所:京都市左京区大原草生町31
電話:075-744-2917(予約)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。