「安達くみひも館」での組紐ストラップ作り

  • ブックマーク

ようやく暑さが和らいできた。
退院以来、授乳→オムツ換え→オムツ換え→授乳のエンドレス。
外にも出られず、カゴの中の鳥のような気分。
赤ん坊はひたすらカワイイのだけど。

さて、京の和稽古特集の2件目。
「安達くみひも館」での組紐ストラップ作りを紹介。

京都御所の西側にある「安達くみひも館」は、
伝統の技、京組紐の歴史や魅力に触れることができる場所。
そこで実際に、組紐のストラップを作ることができます。

外観はこんなに地味ですが。

 

4つの紐を組み合わせる「四つ組み」という手法で、和柄のストラップ作り。
何十種類とあるさまざまな色の組み合わせの中から、好きな組み合わせをチョイス。
これがまた、本当にいろいろな組み合わせがあって、悩んでしまう。

取材する前は、組紐=ちょっとダサい…というイメージだったのだけど、
カラフルな糸を見事に組み合わせたストラップは、どれも魅力的で
絶対にプライベートでもう一回来て、ストラップ作ろう!と思えたほど。

作業は意外とシンプルで、
1時間もしないうちに、こんなのが出来上がります。
ストラップのほか、帯〆、髪飾り、ブレスレットのコースもあり。

私が外出できるのは、一体いつ?
出産前に行っとけばよかったなぁ。

【体験教室】
日時:月~金の9:00~16:00 第1・5土曜は14:00まで ※12:00~13:00除く
時間:約1時間
料金:2000円(組紐資料館の入館料含む)
定員:80人まで

安達くみひも館
住所:京都市上京区出水通烏丸西入ル
電話:075-432-4113
時間:9:00~16:00 日・祝日・第2・3・4土休み
入館料:大人500円 小・中学生300円

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。