出雲市駅から徒歩数分のおいしい居酒屋(02)「すし居酒屋 日本海」

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

年始に「すし居酒屋 日本海」というお店に家族で行ってきました。出雲市駅から徒歩2〜3分。東横インの北隣りに2017年11月21日にオープンしたばかりの居酒屋さんです。

お正月、怒涛の寺仕事も一段楽したあとの乾杯なので、みんないい顔してる(笑)

text by:江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



すし居酒屋 日本海

駅前通りにあるおいしいのどぐろが食べられると人気のお店「のどぐろ日本海」の姉妹店だそうです。のどぐろとは山陰地方特有の高級魚で、その名の通り、魚のどが黒いためそんな名前がついています。

すし居酒屋というくらいなので、まずはお寿司!新鮮な海鮮を使ったお寿司が一貫からオーダーできました。

のどぐろの握りとかもう、とろけるんすよね。私が一番好きなのは、のどぐろの炙り。のどぐろの握りは120円〜380円と4種用意してありました。

この時期食べたい岩ガキ。巨大!!

海鮮サラダ。

島根和牛のサイコロステーキ!1800円くらいだったかな?一切れ300円と言いながら食べていました(下世話)お正月だからということで、大奮発!!

冬の山陰といったら、何といってもカニ!蟹!かにでしょう。私はかにアレルギーのため、一口も食べられませんが。というと、カニが食べられないなんて、かわいそうとかいう人がいますが、毎度言っていますが、かわいそうではありません。

大人6人+子ども2人が好きなだけ食べて飲んで、合計4万円ほどでした。ざっと大人1人5000〜6000円ほど!

ツバメヤのときもそうだけど、海鮮のおいしさ、しかもこのボリュームでこの価格。京都だったら1人1万円は行くでしょうという感覚。京都ではあり得ないよなぁと毎度比べてしまいます。

 

年末に、フード&トラベルライターで、出雲観光大使もされている西村愛さんという方のブログを見つけたので、これからは参考にさせてもらいつつ、島根の美味しいお店も開拓していきたいなぁ。




すし居酒屋 日本海

島根県出雲市今市町971-16
0853-31-9292

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします