2017年アクセス数の多かった記事ベスト10!

  • ブックマーク

 

今年1年、ブログを訪れてくれた皆さま、本当にありがとうございました!

年の瀬なので、今年書いた記事の中でアクセス数の多かったものを並べてみました。帰省の帰りの電車の中で、大掃除の息抜きにでも!

 

text by:江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



 アクセス数の多かった記事ベスト10!

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

 

京都のスポット紹介のほか、本の紹介もアクセスが多かったようです。あとキャンプの記事も。

2018年も引き続き、行って良かったところ、面白かった本など好きなものを好きなように紹介していきたいと思います!

——-

2017年を振り返ると、何と言っても、ことり会で書籍「京都、朝あるき」を出版できたというのが、一番大きかったように思います。でも、原稿を書き終えたところで息切れしてしまって、全力で売る努力ができたか?というと、そこはまだまだできたことがあったなぁと反省。

来年は、どこかで直接買ってもらえるように手売りしようかなとか、いろいろ考えています。ご購入がまだの人はぜひ、冬休みのお供に、よろしくお願いします(笑)

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。