「洋彩WARAKU」ガブ飲みワイン!京都府庁前

  • ブックマーク

先月、お花見ツアーの最後にたどり着いた
おいしいお店を紹介。

京都府庁からすぐ、丸太町通り沿いにあります。
ガブ飲みワイン「洋彩WARAKU」。

初めて行ったお店だけれど、ここを予約しようと思ったその訳は、
「ガブ飲みワイン」というフレーズに惹かれたから。
すごくいいコピー。ワイン好きにはたまらない言葉だと思う。

そして、「がぶ飲みワイン」を銘打ってるだけあって、
気軽にワインが楽しめる、本当にいいレストランでした。

まず、グラスワインは常時10種類も用意してあって、
おまけにシンプルにオール500円というのがイイ!
ボトルで頼んでがっつり飲むのもいいけど、
いろんな国のいろいろなワインを飲んでみたい
と思っている私にとって、とーっても嬉しい。

 

種類も、赤・白・スパークリング・デザートワインが並ぶ充実ぶり。
私は大好きな白ばかり。肉だろうと魚だろうと、とりあえず白(笑)
黒板には、味の説明も書いてあって選びやすいし、
それでも迷ったらお店の方がより詳しく教えてくれます。

料理は、というと。
これがもう、ワインにぴったり!なメニューが揃いも揃っていて
3人でどれだけ食べるんだ!というくらいオーダーしてしまったのです。
イタリアンがベースで、フレンチテイストの皿もあり、といった感じ。

  

 

 

 

どれがどの写真か、よく覚えてないのですが、例を挙げると、

ガーリックトースト(420円)
京もち豚肩ロースのピカタ(1280円)
エビのフリットチリマヨネーズソース(890円)
鴨胸肉と九条ネギのペペロンチーノ(1130円)

などなど。

どれも間違いなくおいしく、ホーント大満足の楽しい時間が過ごせたのでした。
オススメです!

洋彩 WARAKU
住所:京都市中京区丸太町通西洞院東入る梅屋町171 カマンザビル2F
電話:075-222-1256
時間:11:30~14:30、17:30~23:00 無休

—————

ちなみにこれは、Sカメラマンさんがヘタな撮影する私をみかねて撮ってくれた1枚。
やっぱり構図が違いますね。ちゃんとワインも写ってる。美しい…。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。