「クリノコ」…京都鴨川沿いの小さなイタリアン

  • ブックマーク

久々更新です。

この間わたしは、たっぷり1週間のお盆休みをとって、
島根の実家(寺)で、働いておりました。お寺は盆と正月がホント忙しいですから。

そして、「乙女のご朱印帖」の反省会&打ち上げを祇園の和食屋さんでしたり、
約5か月ぶり(!)となることり会も実施し、新メンバーを交えて料亭で朝粥を楽しんだり。

している間に、何だか夏が終わりそうです。
でもこの夏一番の思い出は、そんな楽しげなことではなく、レンタカーで丹後半島まで行って、
大事なカギを海の中で紛失するという大失敗をしてしまったこと!!なぜ海の中?

みんなの財布もケイタイも車の中。JAFを呼んだら、「最新式すぎて、鍵あきません」と言われ、
肝心のスペアキーは、100キロ離れた京都市内。どうすんじゃー!ってなったことです(笑)

ってホント笑えない。

ぼちぼちブログアップしていきます。

さて、今回は先日保育園のお母さん友達と訪れたイタリアン「クリノコ」です。
左京区民憩いの場、カナートを少し下がったビルの1階にあります。

何だかちょっと入りにくい印象だったのですが、入ってみれば
こぢんまりとした空間に、北欧風のインテリアが素敵な居心地のいいお店でした。

 

ランチメニューは、おすすめパスタセット1500円

・前菜の盛り合わせ
・お好きなパスタ
・自家製パン
・デザート
・食後のドリンク

このほか、パスタが1200円から単品でありました。が、このセットが断然お得。

前菜の盛り合わせ。

鴨にキッシュに、トマト&モッツァレラなどなど。
ちょっとずつだったけど、どれも「うーん」って唸りながら食べるくらい、おいしかった。

特にトマト&モッツァレラ。こんなにシンプルなのに、なんでこんなに美味しいの!

パスタは、定番と日替わりの中から好きなものをチョイス。

定番はこんな。

○漁師風スパゲッティ(魚介のトマトソース)
○海の幸ときのこのスパゲッティ
○リングイネのカルボナーラ
○ツナと黒オリーブとトマトのスパゲッティ
○フェトチーネのエビとホタテのクリームソース

私はカルボナーラを。濃厚で美味。

手づくりパン。クルミ入り。
もっちりした生地。

デザート3種盛りに、ドリンクのカプチーノ。

アイスにかかってたキウイの甘酸っぱいソースが爽やかだった。
1500円で、この味とこのボリューム!すごく得した気分。

スタッフの方もとってもいい感じで、機会があればぜひまた訪れたい一軒。

クリノコ

住所:京都市左京区高野西開町15
電話:075-724-5339
時間:11:30~14:30  17:30~21:00(L.O)
休み:火曜

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。