平城遷都1300年祭公認ガイドブック 「奈良 歴史ロマンを歩く」

  • ブックマーク

執筆・制作協力させてもらっていた本
『平城遷都1300年祭公認ガイドブック 「奈良 歴史ロマンを歩く」』
が遂に発行されました。
3月にOL生活をしていたのは、この本の編集お手伝いをしていたからなのです。

なんと(710年)すてきな平城京から、今年は1300年。
奈良は今アツイですよー。

以下、三栄書房さんのHPより

———————————————

奈良の歴史を読み解くオモシロネタから、
あっ!なるほど!のトリビアネタまで満載。使えてためになる、
“歴史観光”という全く新しいガイド本。奈良の魅力をたっぷり魅せます!

●イラストで分かる平城京遷都までストーリー
●奈良国立博物館 研究員に聞く「私の好きな正倉院宝物」
●世界遺産の美仏
●奈良 6つのまほろばを歩く
●奈良のお店ガイド etc……

———————————————

奈良の歴史って、すこし難しそうなイメージがあったのだけど、
この本はオールカラーで写真たっぷり、図解もたくさん盛り込んであって
とても分かりやすく説明してあります。

寺の歴史について書かれた文章って、漢字がいっぱいで小難しくて、
あまり読む気がしないのだけど、この本はすみずみまで読んで(校正のため…笑)
難しい言い回しはなく、読みにくい漢字には振り仮名がうってあるし、
すんなりと頭の中に入ってきやすい文章で、古代の歴史を純粋に楽しめるという感じ。

文章がステキで、この表現がキレイだなぁと思えたガイドブックは初めて。
地図もあって、この本片手に名所スポットを回れるし、
寄り道どころのカフェやお土産屋情報もしっかりあり。
読み物としても、楽しめるんじゃないかと思います。

聖徳太子はマイホームパパだった!?とか
正倉院に入っている宝物にはこんな意味があったんだ!?とか
寺でも古墳でも、その由来や歴史的意味を知ると、観光がもっと面白い。
知的好奇心をバッチリ満たしてくれる充実の内容になっています。

今はとりあえず、この本を持って、話題の阿修羅像を見に行きたいと思っているところ。

奈良に興味がある方はぜひ手に取ってみてみてください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。