亀岡にオープンした「京FUJIHARUカレー」の小冊子づくり、お手伝いしました!

  • ブックマーク

PR会社・コンセプトグラマーさんからのご依頼で、2019年12月6日、亀岡にオープンした「京FUJIHARUカレー」のカレーに対する思いやコンセプトなどを紹介した小冊子づくりのお手伝いをさせてもらいました。

インタビューと編集…冊子づくりのお手伝い

このお店の母体が実は、京都府亀岡市で電子部品の検査・組立を行う株式会社 藤大(ふじはる)という会社。なぜ、電子部品を扱う会社がカレーのお店を始めるのか?

どんな思いでカレーを作り上げたのか、その開発秘話などを社長さんやスタッフの方にインタビューして、原稿を書かせてもらっています。

 

今回は「55DESIGNS」のデザイナー・田村さんとどんなページ構成にするか、社長インタビューのすぐあとに相談しながら作っていったのですが、ラフをあげてもらったら、私のうまく言い表せない気持ちを見事にデザインに落とし込んでくださっていて、素晴らしい!と感激。

ラフが上がってくると、インタビューをどうやってまとめようか迷っていたのが、すんなり原稿のイメージがわいてきました。すかさず

わたし

表紙に扉の写真、いいですね〜!

素敵なデザインで、原稿のイメージがモリモリわいてきました〜!

頑張って書きます。

と私がメールを送ると、

デザイナーさん

素敵な言葉たちをありがとうございます!

思わずうんうんと読みながら唸ってしまいました。

とか

デザイナーさん

素晴らしい文字の紡ぎ方で、感動しっぱなしでした。

とか、うれしいお返事が来て、これがとても良かった(笑)なんかお互い良いなと思ったことは褒め合いつつ作業すると、いい気持ちでお仕事できるなぁと改めてコミュニケーションの大切さを思ったのでした。

納品後、社長さんには「自分たちの思いをカタチに出来てとても嬉しい。素敵な冊子にしていただきありがとうございました」と言っていただけたとのこと。うれしいなぁ。

というわけで、今年大河ドラマでも人気の亀岡にオープンしたカレーのお店。ぜひ足を運んでみてほしいなと思います!

京FUJIHARUカレー店舗紹介

元は定食屋だった店舗を社員総出でリフォーム!
これからも進化し続けるカレー!行くたびに新しい味に出会える??

すごいボリュームでこれだけでお腹いっぱい! ルウは最初食べやすくマイルドなのかなと思いきや、あとからスパイスが効いてきて、ん???んん?うーん!おいしい!とクセになる味わい。なるべく地産地消で、亀岡さんの野菜を使っているところもいいなって思います。

京FUJIHARUカレー お店データ

住所:京都府亀岡市大井町並河3-8-22
電話:0771-20-6383
ランチタイム:11:00-15:00(14:30L.O)
カフェタイム:15:00-17:30(17:00L.O)
定休日:日曜日、第2・第4月曜日
駐車場:ありアクセスJR並河駅より徒歩8分

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。