【お仕事しました!】雑誌「婦人画報」1月号は盛りだくさん!(お取り寄せ冊子でテキスト書きました)

  • ブックマーク

婦人画報1月号のお取り寄せページで、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしています。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



 

島田耕園さんの御所人形

テキストを担当させてもらったのは、お取り寄せ冊子に掲載されている島田耕園人形工房の商品紹介ページです。今、オンラインショップを見てみたら、早くも売り切れている商品があって、人気の高さに驚かされます!

御所人形はやっぱりいいお値段で、買うのは少々勇気がいったりしますが、「豆御所人形」という小さなお飾りもあって、こちらは手の届く価格で可愛らしく、取材を重ねるうちに欲しくなって、わたくし端午飾りを購入しました!

毎回、いろんなテーマの豆御所人形が登場するので、コレクションする方もいるという人気のこちら、お正月バージョンも晴れ晴れしくて、可愛い(が、売り切れています…)

新年に飾ると縁起が良いという干支の置物も可愛らしいのでぜひチェックしてみてください。

あ、今年も付録に手帳が付いてました!

私が毎号楽しみにしている辛酸なめ子さんの記事、今回は3人の方にインタビューする特別版で読み応えありました〜。

 

そして今回の撮影も巨匠・久保田さん。ありがとうございました!!

 

というわけで、婦人画報1月号よろしくお願いします!!

 

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は満席となりました。第9期は2023年初夏からスタート予定です。