撮影日記…春!桜!京都特集の取材は今が山!?

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

続・楽しすぎる取材。 #kyotojapan #kyoto #カメラマン #取材後姿コレクション #ライター #麗しの洋館たち

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)がシェアした投稿 –

今週は来月発行される雑誌の京都特集で、市内をグルグルと回っていました。取材は本当になんて楽しい!楽しいんだけど、取材に行けば行くほど、書かなきゃいけない原稿が溜まってゆく。あぁ…。来週は外出の予定を入れずに、家にこもって原稿書きます。

こちら、いい写真を撮るために曇り待ちをするカメラマン・成田直茂さん。

これから来る桜の季節に向け、ガイドブックや雑誌などなど、京都特集がいろいろ組まれるようで、出町柳の三角州に行ったら、これまた知り合いのカメラマンさんがいて、あぁ、今は山場なんだなと思ったことです。

取材前に、友人ライターがMOOK本のイメージカットを撮るのに、40歳オーバーのちょうどいい人がいない、助けてくれー!と泣きついてきたので、撮影モデルのお手伝いをしてきました。

今回の取材で撮影をお願いしたカメラマン・成田直茂さんも一緒に撮影現場に行くと、さすが!なアシスタントぶり。

こないだこんなブログ(元気ないときはここに行ったらいいのかもしれない…京都・出町柳の亀石)を書いて亀石渡りたくなっていたのだけど、ここへ来たんならチャンス!と思って渡ってみました。

photo by 成田直茂

成田さんは同い年の気が置けない仕事仲間って感じで、ついついこうやって遊んでしまう。それにしても、躍動感があってすごく良い写真!成田さん、ありがとーう!また撮影、お願いしまーす!

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします