憧れのヴォーリズ建築・駒井家住宅で撮影。

広告

昨日は朝から終日、大好きな駒井家住宅でお仕事でした!!!!

まいまい京都でお世話になり、雑誌Hanakoでもお世話になり、
駒井家住宅が好きすぎて、やたらと関わらせてもらっていたのですが、
なんと!この度、駒井家住宅であるプロジェクトが立ち上がることになり、
ありがたくも声をかけてもらったというわけです。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



駒井家住宅で撮影

なんどもなんども足を運ばせてもらっているけれど、
訪れるほどに魅力の増す場所って本当すごいなぁと感動しつつ、撮影。

デザイナーさんと休憩してる、の図。
どこをどう切り取っても絵になる駒井家住宅。
昨日は晴れてくれて本当撮影日和でありがたかったのだけど、
本当に暑くて、汗だく。緑も多いから蚊もすごい。

時間によって表情の変わる階段。
西日が当たると、美しさ倍増という感じで毎回感動します。

カメラマンさんは雑誌Hanakoでもお世話になった成田直茂さん
私のいろんな注文にも全力で応えてくれて、本当にありがたかった。

情報解禁となったらまたここでお知らせします!

駒井家住宅は8月いっぱいは休館中ですが、
9月1日からまた一般公開が始まるので、ぜひ足を運んでみて下さい!
今、お庭にはサルスベリが綺麗に咲いていました。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!