京都イチ!のラーメン屋さん「熟成細麺 宝屋」

広告

「熟成細麺 宝屋」さん、ここが私が
京都イチおいしい!と思っているラーメン屋さんです。
京都市内に5店舗ありますが、初めて行ったのは
京都駅ビル10階にある京都拉麺小路のお店。
いつも行列ができている人気店です。

今回取材させてもらって、話を聞いて、
「あぁそれはおいしいはずだな」と思ったのです。

これが「宝ラーメン」(650円)
スープは、京都ラーメンの定番の豚骨醤油。
その最高峰の味を目指して作られたというスープは、
豚骨のうま味をギュッと凝縮しつつも、あっさり仕上げてあるので
最後の一滴まで飲み干せるおいしさ。

定番の味を、こんなにもおいしくできるなんて、
どんな凝った料理よりも難しいと、私は思うのです。
シンプルでみんなが知っている味だから。

 

サイドメニューの「出町の玉子かけご飯」(380円)
デザートにぴったりの「宝ぷりん」(300円)

玉子かけご飯は、撮影のタイミングにぴったり合わせるように
炊きたてのご飯を用意してくれました。
撮影でそこまで写らないし、わざわざ用意してくれなくても大丈夫ですと
伝えると、別に撮影用というわけでもなく、普段からお客さんに
炊きたてのご飯を食べてもらえるよう、少しずつ1日に何回もご飯を炊くのだとか。

その話を聞いて、人気店であるのも心から納得。
給食室にあるような大きなジャーでご飯を炊いてそのまま保温…というのが普通だと
思っていたんですが、炊きたてのご飯を出すという…そんな見えないところにまで嬉しい心遣い。

ホント、炊きたてのご飯はふっくら甘く、玉子に醤油はかけず、
昆布の風味と塩で味わうというのもまたおいしく…。
普段ならラーメン1杯でお腹いっぱいになってしまうんですが
この日は、サイドメニューも完食。

ぷりんも、ラーメン屋のプリンと思ってなめてかかったら、
なめらか~な舌触りと上品な甘さが意外に本格的でビックリ。

京都のラーメンを語るなら、ぜひ1度行ってみてもらいたいお店です。

熟成細麺 宝屋 伏見店
住所:京都市伏見区西大手筋313-1
電話:075-605-1417
時間:11:30~15:00、17:30~24:00 無休

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!