島根のワイナリー「奥出雲葡萄園」

  • ブックマーク

気付けば、もう9月後半!?
早い、早すぎる。

先週1週間は、赤子を連れて、島根へ帰省。
子連れで外出なんて、爆弾を抱えて移動しているようなもの。
いつ泣き出すか冷や冷やしながら、何とか行ってきた。

で、島根でとっても良いお店に行ってきたので紹介。
母親からいい店があるから
連れて行ってあげたいと言われていた「奥出雲葡萄園」。

 

平日の昼間、それもご飯時を過ぎた時間だというのに、店内は満席。
予約してなかったら、座れなかった。
お店は中心部から離れた山奥にあるというのに、すごい人気。
と、ふと横の席を見たら、なんか一般の人と違うなぁというオーラの人たち。
よく見ると、なんと、その人は俳優の伊武雅刀!

見た目は伊武雅刀そのものだけど(当たり前)、
その低い声を生で聞いたら、本当に伊武雅刀!渋い。
一緒にいたのは奥さんと娘さんか…。
食事中ずーっと横が気になってしょうがなかった。

さて、ランチメニューは、
コースランチとワンプレートランチ、それにオムライスなど。
私たちはコースランチ(2200円)をオーダー。

 

お店のすぐ近くのパン屋さんで作られているパンに、サラダ、キッシュ。
このすぐ近くで搾った新鮮な木次牛乳をたっぷり使ったというキッシュは、
タマゴの味がしっかりしてて、ほんのり甘くて、おいしかった。

ちなみにキッシュがのっているブルーのお皿は
島根県簸川郡斐川町にある出西窯のもの。
ここの器が好きで、帰省する度に少しずつ買って集めているのだけど、
今回はこれと全く同じ器を購入。

 

続いて、野菜スープに、メインは豚肉の味噌焼き。
白い大根のように見えるのは、実は梨。
クルミもゴロっと入っていて、梨とクルミ、それに豚肉という
不思議な食感が楽しめる一品。

 

デザートは、フォンダンショコラと梨のタルトから選べます。

せっかくワインを造っている葡萄園に行ったというのに、
授乳中のためアルコールは飲めず、
代わりにノンアルコールのモヒートというドリンクを注文。
ミントとライムがすっごく利いてておいしかった。

それにしても、このボリューム、このおいしさで、2200円は本当に安い!
京都ならきっと3500円くらいはするはず。
いーや、このコースは5000円くらいの価値があるかも。

帰省したら、また行こう。

奥出雲葡萄園
住所:島根県雲南市木次町寺領2273-1
電話:0854-42-3480
時間:10:00-PM5:00 火休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。