引き続き、

  • ブックマーク

取材、取材。

…なのだけど、昨日の私は朝からそわそわそわと落ち着かず。
なんせ、小沢健二のライブの先行予約が始まる日だからー!
オザケンが13年ぶりにライブをするということを知った日から、
私の音楽ライフは、再びオザケン一色なのです。
YouTubeでオザケン! ipodでオザケン!
仕事にならんくらい聴きまくっている状態。

高校時代、浪人時代も、大学に入ってからも
いろんな節目で、ことあるごとに聴いて
歌詞にメロディーに、あの歌声に支えられていた
まさに私の青春時代の王子!

チケットは、先着順ではなく抽選なのだけど、
予約が始まる10時前から、落ち着かなくて
申し込んでからも落ち着かなくて。

とりあえず神戸と京都どちらの公演も申し込んでみましたが、
当たるでしょうか? なんなら全国ついて回りたいくらいですが。
2010年すべての運をつぎ込んでいいので、当たって欲しいのです。

で、何だかそわそわした気分のまま午後から行ってきました、
とあるうどん屋さん。

撮影カット数は、料理5点。
店長さんの「全部味見して下さいよ~」というありがたいお言葉に
カレーうどん、らーめん、ちゃんぽんうどん、唐揚げ、焼きうどんを
(ちょっとずつ)おいしくいただいたのでした。
完食できず、申し訳ない…。

さて、

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。