京都全日空ホテルの鉄板焼「二条」

  • ブックマーク

またまたまた、お義母さんシリーズ。
今回は頂き物ではなく、連れて行ってもらいました!
京都全日空ホテル内にある鉄板焼のお店「二条」へ。

   
目の前でシェフが料理を仕上げてくれる、あの鉄板焼です。
携帯のカメラだったのと、照明の色、位置のせいで
とっても醜い写真になっていますが。

見事な手さばきで鮮やかに料理を作り上げていくさまを
目の前で見られるというのが、料理をさらにおいしくしているのです。

 

前菜に、お野菜に、お好み焼きのような
たこ焼きのような明石焼きのような料理も出てきました。
ふわふわでおいしかったです。紅生姜入りのおダシにつけて。
あと、サーモンステーキなんてのも出てきました。
これもまた、酸味のあるソースが絶品で。

次は何が出てくるのかなぁと楽しみ楽しみ。

そしてお待ちかね、メインのお肉。
ここにたどり着くまでに、4皿くらい食べているので、
お肉のボリュームはこれくらいでちょうどいい。

お味噌や、おろしポン酢なんかもあったけれど
パリッと揚がったニンニクチップをのせて、
塩をちょっとつけていただくのが、一番おいしかった。

 

そして、私がお肉の次に楽しみにしていたもの…ガーリックライス。
これでもか!というくらいニンニクのみじん切りが入っているんですが、
こーれが本当においしくて、ガーリックライスを食べたいがために
ここまでコース料理を食べているんじゃないかというくらい。
料理を一皿減らして、ご飯を2~3杯食べたいくらい、私はこれがお気に入りです。

料理はまだまだ続き、ようやく最後のデザート。
焼きリンゴにバニラアイスという間違いない組合せ。
シナモンの香りに、キャラメルソースの甘みと、
熱いのと冷たいのと、いろいろなおいしさが口の中で溶け合います。

最後の最後まで大満足のフルコース。

ちなみにこのコースは「 京美人 」¥5000~
毎月内容が変わるようで、写真は1月のコース。
2月は以下のような内容だそう(HPより)。

先付
たっぷり野菜の焼餃子 二条風
鱈のムニエル ミネストローネスープとともに
国産牛フィレ肉 60g~
焼野菜、サラダ
白ごはん、赤出し椀、京漬物
デザート
コーヒー または 紅茶

味もボリュームも、サービスも満点な
大満足のランチでした。

お義母さん、いつもありがとうございまーす。

京都全日空ホテル 地下1階 鉄板焼 「 二条 」
住所:京都市中京区堀川通二条城前
電話:075-231-1155 (代表)
時間:11:30~14:30 17:00~21:30
※全席禁煙

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。