出町ふたばの季節限定、開運スイーツ?「福豆大福」

  • ブックマーク

週末、友達の家へお邪魔するのに
「おもたせ、何にしようかな」と考えて、
出町ふたばの「豆餅」にすることに。

以前も紹介しましたが、とにかくここは常に行列している人気店。
自分が食べるためには、なかなか並べないけれど、
豆餅好きな友のためなら並んでみようかなと。

お店に行ったら、行列はわずか1列ほど。
店の前を通るたびに行列具合をチェックするのが癖になっていますが、
スムーズに購入したいなら、午前中が狙い目のようです。

順番が来るまでショーケースを眺めていたら、名物豆餅のほかに、
季節限定の「福豆大福」も並んでいたので合わせて購入。

手前の白豆が入っている方が「福豆大福」。
名前といい、ぷっくりとした豆の形といい、
福福しくて縁起良さそう。開運スイーツとでもいいたくなるような。

写真を見ても分かるように、白豆は定番の赤えんどう豆よりだいぶ大きめ。
だからか、ふっくらとしていて豆のおいしさがより濃いような感じ。
餡はこしあんで、豆餅と同じ。
豆の塩気もちょうどよくて、
「福豆大福の方が好きかも」と思ったほど。

季節限定…というのが、またそそられる。
「餡なし」とか「黒豆大福」とかも食べてみたいなー。

出町ふたば
住所:京都府京都市上京区出町通今出川上ル
電話:075-231-1658
時間:8:30~17:30 火・第4水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。