出町ふたばの季節限定、開運スイーツ?「福豆大福」

  • ブックマーク

週末、友達の家へお邪魔するのに
「おもたせ、何にしようかな」と考えて、
出町ふたばの「豆餅」にすることに。

以前も紹介しましたが、とにかくここは常に行列している人気店。
自分が食べるためには、なかなか並べないけれど、
豆餅好きな友のためなら並んでみようかなと。

お店に行ったら、行列はわずか1列ほど。
店の前を通るたびに行列具合をチェックするのが癖になっていますが、
スムーズに購入したいなら、午前中が狙い目のようです。

順番が来るまでショーケースを眺めていたら、名物豆餅のほかに、
季節限定の「福豆大福」も並んでいたので合わせて購入。

手前の白豆が入っている方が「福豆大福」。
名前といい、ぷっくりとした豆の形といい、
福福しくて縁起良さそう。開運スイーツとでもいいたくなるような。

写真を見ても分かるように、白豆は定番の赤えんどう豆よりだいぶ大きめ。
だからか、ふっくらとしていて豆のおいしさがより濃いような感じ。
餡はこしあんで、豆餅と同じ。
豆の塩気もちょうどよくて、
「福豆大福の方が好きかも」と思ったほど。

季節限定…というのが、またそそられる。
「餡なし」とか「黒豆大福」とかも食べてみたいなー。

出町ふたば
住所:京都府京都市上京区出町通今出川上ル
電話:075-231-1658
時間:8:30~17:30 火・第4水休

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。