京都「一の傳」の西京漬けは絶品!贈り物にも最適です

  • ブックマーク

久々、お義母さんからのいただきものシリーズ。

昨年末、京都一の傳でおいしい和食フルコースをごちそうしてもらいましたが、そこの、おいしーい西京漬けもいただいちゃいました。

魚が何種類かセットになった贈答用ボックスには、「西京漬けの上手な焼き方」「西京漬けアレンジレシピ」も付いていて、家でも簡単に、おまけに料亭並みにおいしいお魚がいただけるのです。

上手に焼くコツは、西京味噌をしっかり落とすこと(と、レシピには書いてあります)

最初、私はレシピを読まず、味噌たっぷり付いたまま焼いていたのですが、それだと味噌がこげたり、味が濃すぎたりして、いまいち…で、改めてレシピを見て、ちゃんと味噌を落として焼いたら、お店の味そのまんま! きちんとおいしい!

最初に味噌を落とさず食べたのは、なんて勿体ないことをしたのだろうと後悔。

種類としては、

金目鯛西京漬け
キングサーモン西京漬け
銀だら西京漬け
さわら西京漬け
紅さけ西京漬け
さば西京漬け
かれい西京漬け

などなど、西京漬けのほかにも「柚子風味の辛子明太子」もオススメ。

辛すぎず、柚子の風味が上品でとてもおいしい。
お店の2階でいただいたフルコースにも出てきました。ネットでお取り寄せも出来ます。今、全商品10%オフで販売されているよう。お得!一切れから購入可なのも、うれしい。

忙しくて家事に時間をとれないときはもちろん、ちょっと良いものを食べたいなんてときに、ホーントありがたい。

すごーく気に入ったので、今年のお中元、お歳暮はこれにしようかなと思ってます。絶対、相手方の奥様に喜んでもらえるはず。うちにも誰か贈ってくれないかしら~?

京都 一の傳 データ

住所:京都市中京区柳馬場通り錦上る十文字町435番地
電話:075-254-4070
時間:食事 11:00~14:30まで注文可(一人 3150円)、買物 10:00~18:00
休み:水曜日(水曜日が祝日の場合、翌木曜日)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。