出雲帰省日記(5)

  • ブックマーク
  • -
    コピー

8月15日(火)

適当にシリアルなどの朝ごはんを食べてから、執筆タイム。今日が何日で、何曜日なのかの感覚もおかしい。今ブログを書いて気がつく、今日はもう8月15日なのか。

夫は朝から父親の棚経手伝い。帰ってきたら、私のお昼ご飯も用意してくれていたのだった。

午後から、弟夫婦が息子を連れて、近所のゴルフ打ちっ放しへ。息子、ゴルフ初体験。あとで動画を見せてもらったら、フォームがなかなかキレイで弟からも筋がいいと褒められていた。

夫はぐずる娘を連れてドライブ。毎日ゆめタウンに行っているらしい。そして毎日100円ショップで何か買い与えている。

時々娘が部屋に来て言う。「おかあさんて、ほんとうに、かわいいねぇ」。
「ありがとう。サラちゃんはもっと可愛いよ」「おかあさんのほうが、かわいいよ〜」とエンドレス褒め合いになることがたまにある。

癒される。

夜、お寺のお盆の仕事お疲れさま会。いつも行っていた寿司屋の大将がやめてしまったので、新規開拓。

医大近くの出船寿司なるところへ。寿司屋に来たならカウンター席がいいけれど、総勢8人となると難しい。

個室へ。ここでまた弟に「なんか悠子と久しぶりに話した気がする」と言われる。えぇ、引きこもってるんでスミマセン。

いつもなら、お疲れさん!という気分になるのだけど、いかんせん今年は一切手伝いもしていないのに、こんないいお寿司にありつけるの申し訳ないという気持ち。

が、寿司はうまい。とろけた。特上寿司3240円。

私が運転手役だったので、お酒はなし。運転手役ぐらい喜んでさせていただきます、という気持ち。

 

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。