京都・今宮神社の「神占石」と絶品あぶり餅!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

サタデープラスの撮影予定が入っていた先日の日曜日。朝早かったので起きてすぐ準備は万端。が、事前に連絡をしますと言われていたのだけど、予定時刻になっても撮影隊から連絡はなく、家で待つのもどうにも落ち着かず。

撮影場所であった船岡温泉の近くまで行って待つことにしたのでした。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



 

 

朝一番の今宮神社へ

時間があったので立ち寄ったのが、船岡温泉からも近い今宮神社。門をくぐったら、まずは身を清めて。

着いたのは9時半過ぎでしたが、朝一番はやっぱり人が少なくて参拝しやすい。セミがぐわんぐわん鳴いてうるさいくらい元気。

こちらは「玉の輿」神社とも呼ばれていて、この今宮神社を氏神する西陣の八百屋の娘・お玉さんが徳川家に嫁いだことに由来するそう。

ということで、良縁・開運にご利益のある神社なのだとか!

境内には願いを占ってくれる石というのもあって、行くとここで占いをするのも楽しみの一つ。

この石を撫でてから一回持ち上げて、願いごとをいったのち、もう一度石を持ち上げてみる。そのとき、最初に持ち上げた時より石が軽く感じられたら願いが叶うのだとか。

息子がやってみたけど、同じ重さだったという。その場合、どうなるの?

 

参拝後のお楽しみはあぶり餅

そして今宮神社参拝の最大の楽しみが、あぶり餅! 参道には「一和」さんと「かざりや」さん、二つの老舗が向かい合っていて、行くといつもどっちに入ろうか悩みます。

この日朝早く行ったのでお店はまだ開いておらず(10時開店)。

お店の前で入れないのかぁなとウロウロしていたら、一和のお店の方が、開店時間前にも関わらず、どうぞお入りくださいって言ってくださったので、ありがたく上がらせてもらったのでした。

昔ながらの雰囲気漂う広ーい和室。

そしてきました! あぶり餅1人前500円。細い竹串の先に小さく刺さっているお餅にタレがたっぷり。

店先に置いてある炭火であぶってくれた、アツアツをいただきます。

この白味噌で作られているタレが上品な甘さで、たまらなくおいしい!! 10本以上あるけど、ペロリ。軽く2人前はいけると毎回思う。

3歳の娘もあっという間に完食。「また あしたも これ たべにこようね!!」って、大好物になったよう。

私はよく食べるものをこぼしてシャツを汚すため…子どものように前掛けをしておりますが。

あぶり餅は、3人前(1500円)からお持ち帰りもできます。デヴィ夫人に味わってもらおうと購入。

見てみたら、こーんなにかわいらしいピンク色の包み紙でした! 果たしておいしく味わっていただけたのだろーか。




 

 

今宮神社


京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082(受付時間9:00~17:00)

—-

さて、この後挑んだ撮影・サタデープラスは明日朝8時から放送です! お時間ある方ぜひご覧くださいませ。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします