京都でも買える!鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのコーヒー豆

  • ブックマーク

以前一度買って気に入っていた珈琲豆ーー鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの豆を再び購入しました。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのコーヒー豆

お店があるのは鎌倉ですが、なんと!京都にも置いてあるお店があったのです。先日、「絵本カフェめばえ」に取材に行った際に見つけました。

このカフェは「ふたば書房」が手がけるお店。同じくふたばが手がける京都で人気の雑貨店「アンジェ」で鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの取り扱いをしていることから、「絵本カフェめばえ」でも提供することになったのだとか。

そういえば八百一本館3階のフレンチレストラン「セイボリー」に行ったときにも、アンジェのコーナーがあって、この印象的な茶色の袋を見つけて嬉しくなっていたのでした。

このシンプルなパッケージ、妙に惹かれませんか。

以前、「酸味がありません」と書いてあったポップを見て購入したら、ドンピシャ私好みの味だったので、今回も迷わず購入。

ミルクに負けない、ほどよい苦味とコク。安定のおいしさでした。

最近ようやく言えるようになった「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」(言えます?)をネットであれこれ検索していたら、オーナーである堀内隆志さんの自宅を紹介した記事を発見。

こーんな素敵な人が焙煎しているのか!ちなみにこの店名は、「日曜日が待ち遠しい!」という意味で、フランスの映画監督フランソワ・トリュフォーの作品の原題が店名の由来だそう。そういう意味だったのか!ますます良い。

お仕事しました!絵本カフェめばえの紹介記事はこちら。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。