夏休みの始まりは、川遊びから。

息子の夏休みが始まりました。小学3年生の夏休み、生涯に一度きりの3年生の夏休み。そんなこと言ったら、40歳のわたしだって生涯に一度きりの40歳の夏休みなんだけど、小学生の夏休みはやっぱりどこか特別な気がする。

というわけで、息子の夏休みは、毎年学校が主催してくれている川遊びからスタート。

この行事、暑い中話を聞かないといけなくて、待ち時間も長くて、いろいろものすごく面倒なのだけど、この幸せに満ちあふれた光景を眺めたいがために、毎年参加しているような気がする。

なーんて、参加するだけのわたしが言いたい放題言ってるのが申し訳ないくらい、この行事を滞りなく遂行できるよう、大勢の大人が動いてくれていることは本当にありがたい。

私の子どもの頃の楽しかった思い出は全部、大人がこうして用意して準備して配慮してくれたものなんだなと思うと、改めてありがたい。

sIMG 0134 - 夏休みの始まりは、川遊びから。

息子は仲良しの友達と勝手に遊んでいて、そばには全然いなくて、私はひたすら娘と川遊び。娘は、最初川の水が冷たくてびっくりしたのか、入った瞬間、「帰る〜」と号泣したのだけど、なんとかなだめていたら、あっという間に慣れて、楽しんでいたのでした。

sIMG 0135 - 夏休みの始まりは、川遊びから。

そして、生物観察に夢中なおじさんが一人(夫です)。

f1ecebeb601e8823cf4c19bc26e44bbf - 夏休みの始まりは、川遊びから。

アカハライモリとか見つけて、子どもに喜ばれるおじさん。きっと子どもより楽しんでた。

sIMG 0138 - 夏休みの始まりは、川遊びから。

子どもたちが楽しそうにしている姿を見るだけで癒された。

sIMG 0139 - 夏休みの始まりは、川遊びから。

さぁて、長い夏休みの始まり始まり。

note(有料)はこらち

月刊マガジン「京都くらしの編集室」はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。そのほか、短いエッセイや日々の気づきなど綴っています。