京都ホテルオークラ内のパン屋「パン工房 ホテルシェフ」

  • ブックマーク

取材で京都ホテルオークラへ行ったので、終わってから
地下にあるパン屋さんを覗いてみました。

以前、17階にあるオリゾンテへ行った帰りにも寄ったんですが、
全てのパンが売り切れで買えなかったので
「人気あるんだなぁ」と思っていたパン屋さんへ。
いざ、再チャレンジ。

バナナメニューがあれば買わずにいられない!というわけで
買ったのは、バナナのキャラメルタルト(左)とピッツア(右)
それにしてもこのタルト、すごーく大きくないですか?
これでたったの500円(…くらいだったはず480円とか)。

トースターで少し温めたら、パイ生地はサックサクになって、
バナナの甘みもさらに増して、底の生地はしっとりしてて、
あまりの美味しさに、いっきに3/4を食べてしまったわけです。
もっともっと、となってしまう魅惑のおいしさ。止められない。
やさしい甘さでちっとも胃にもたれないし。

これは1000円くらいの価値は充分にある美味しさ。
ホテルなのにお得すぎるー。
定番メニューなんでしょうか。
次行ったら、買い占めたい!と思ったのでした。

で、今は栗、さつま芋、かぼちゃのパンも登場しているよう。

「シャティーヌ」189円
「パンプキンディッシュ」210円
「スイートおさつ」210円

実りの秋ですねぇ。

京都ホテルオークラ カフェレストランカフェヌーヴ内
パン工房 ホテルシェフ
住所:京都市中京区河原町御池 地下2階
電話:075-254-2545(直)
時間:10:00~18:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。