京都北山「ベーカリーレストラン サンマルク」で優雅にモーニング

  • ブックマーク

先日のこと。
島根から母親が遊びに来たというのに、
翌朝、冷蔵庫の中には何もなし。ゴメン、ゴメンということで、
松ヶ崎にあるサンマルクへ朝食を食べに行きました。

いつかランチに行ったとき、行列ができていたのを思い出し、
開店9時よりだいぶ前に行ったら、休日の朝は皆さんゆっくりしているのか
朝は全然混んでいませんでした。

なんせ、お店のスタッフより早く着いてしまった私たち。
一番乗りでお店に入り、サンルームのように心地いい窓際の
光がいっぱい差し込むテーブルへと案内してもらったのでした。

モーニングメニューは、
「アメリカンブレックファースト」819円
「サラダモーニング」1029円
から、私たちはサラダモーニングを選択。

2つの違いは、

●本日のスープ
●モーニングプレート(目玉焼き、付け合せ)
●パン(5種類以上の自家製パンがお替り自由)
●ドリンク(コーヒー、紅茶、ハーブティ、ジュース)

に、サラダがついているか、否か。

 

本日のスープは、ごぼうのクリームスープ。
すぐに、焼きたてのパンも運ばれてきました。
熱くて持てないくらい、まさに焼きたて。

香ばしい香りといい、ふっくらした生地といい、
焼きたてパン、おいしすぎ!

 

続いて、シーザーサラダに、半熟の目玉焼き、ブロッコリー、フライドポテト。

サラダや目玉焼きを食べている間も、
次々と運ばれてくる焼きたてパン。

くるみパン、クロワッサン、桜のパン、チョコパン、バジルパン……

結構お腹いっぱいになっていても、
目の前にまた新しい種類のパンを見せられると
つい「全種類ください!!」と言ってしまう。
なんか、すごい贅沢をしているようで、これまた気分がいいのですが。

結局10種類以上は食べたかな?
パンの大きさが小さく、なんなら一口サイズなので、
いろいろな種類をたくさん食べられてしまうのです。

それにしても、本当に次々とパンが焼きあがるようで、
これでも何度か(泣く泣く)断っているのですよ、念の為。

本当、パン好きにはたまらない、幸福な朝食をいただきました。

ベーカリーレストラン サンマルク 京都北山通り店
住所:京都市左京区松ヶ崎小脇町4-1
電話:075-703-3000
時間:9:00~23:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。