京都・左京区「光兎舎(こうさぎしゃ)」…自然派カフェのランチ再び。

  • ブックマーク

光兎舎(こうさぎしゃ)

先日、左京区浄土寺にある人気カフェ「光兎舎(こうさぎしゃ)」へ行ってきました。オープン間もない頃に行って、「ここは人気店になるな!」と確信してから1年、本当にあっという間に人気店となっていたのでした。ランチは予約必至。

text by:江角悠子(@ezu1030

 

京都・左京区「光兎舎(こうさぎしゃ)」

メニューはこんな。人気はやはり「ごはんプレート 1800円」でしょうか。ちなみにこの内容は4月のものです。

この日も店内は満席で、予約をしていたけれど、オーダーしてから待つこと20〜30分。

お待ちかね、ごはんプレートに付いてくるスープが登場!

続いて、どどーん!お野菜たっぷりのごはんプレート。ボリュームも品数もすごい。このときは、少食の2歳娘と分けっこして食べてちょうどでした。野菜がおいしくて、いろんな種類を味わえるのもいいし、子どもも喜んで食べてくれたのがよかった!

夫のオーダーした「玄米カレープレート 1400円」。カレーは結構スパイスが効いていて辛かった!大人の味。

8歳息子にごはんプレートは量が多いかなと思い、「玄米の炒飯 サラダ付 1000円」を頼んでみました。

炒飯、大好きな息子。ラーメン屋さんなどで食べる炒飯とちょっと趣が違うけど、おいしいおいしいと完食。
安定のおいしさでしたー!

満席だと出てくるまで少し待つこともあるので、時間に余裕を持っていくのが良さそうです☆




菜食カフェレストラン「光兎舎」


住所:京都市左京区浄土寺上馬場町113 木のビル
時間:12:00−20:00
休み:月・火・不定休
電話:075-761-7707
アクセス:京都駅・河原町から市バス5番・17番「浄土寺」下車すぐ、
京阪出町柳駅から市バス17番・203番「浄土寺」下車徒歩1分
http://kousagisha.com/

 

前回紹介した「光兎舎(こうさぎしゃ)」の記事はこちら。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。