レキシにハマる

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

text by 江角悠子(@ezu1030

いつの頃からか、新しいCDを買うこともなくなったし、新しいアーティストを好きになることもなくなっていたけれど、ひっさびさにハマっています、レキシ。

取材でカメラマンさんの車に乗ったとき、すーごくいい感じの曲が流れていて、誰?って聞いたら「レキシ。すーごくいいよ〜」と教えてもらい、お母さん友達と集まったときも、「レキシいいよね〜!!」って話しているのを聞いていたし、Facebookでも友達がレキシの新曲MV「笑った!」と投稿しているし、とにかく私のまわりで話題にしている人が多く、前から気になっていたのです。

で、試しにYou Tubeでいろいろ聞いていたら、これが何というかウケる!

メロディーはすごくキャッチーで、耳に残る心地いいおしゃれな感じなのに、歌詞をよく聞いてみると、「あなた今どこ本能寺」とか、「最後の将軍」とか、何かと歴史に絡んだ単語がたくさん出てきて、そのギャップがもうたまらなく面白い。

レキシの曲を聴いてたら、クスっと笑ってしまって、笑顔になって、最終的にハッピーになれるのです(笑)そんな歌ってあるだろうか。

それでこれまたひっさびさにTSUTAYAへ行き、アルバムCDをまとめてレンタルして、今、毎日聴きまくっています。

車に乗ったらレキシ。料理するときもレキシ。

で、ついには昨日、夫がレキシを口ずさみ始めた。ね、耳に残って、いつまでもぐるぐる回るでしょ。挙句に息子まで、「一休さんに相談だ〜♪」と歌い始めた。

私が一番好きなのは、斉藤和義さんとコラボしている(↑)この曲。

すごくいろいろなアーティストとコラボしている曲もあり、それもまた面白い。

こちらのMVには京都各所が登場するので、ここはどこかな!あそこか!ってなって楽しめます。おすすめ!

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします