京都の紅葉2011「円通寺」編 この秋一番の感動!はるばる行くべし。

  • ブックマーク

仕事でお世話になっているデジスタイル京都のブログで紹介されていた円通寺。
写真を見てとってもキレイだったので、行ってきましたー。

そうしたら、これまで見た中で一番!!というくらい、ものすごくキレイでした!

真正面に比叡山が見えてたんですが、写真には写ってないですねぇ。
この借景が本当に素晴らしい。真っ正面に色づいた比叡山が見えて、
とても神々しく、もう、ひたすら感動。

黄色、オレンジ、赤と紅葉のグラデーションも最高。

 

正座して、しばし見とれていました。

紅葉を楽しむときって、紅葉を見るだけではなく、その環境もすごく大事だなぁと思っていて、
円通寺は、岩倉のちょっと行きにくい場所にあるからか、この日人はそれほど多くなく
とても静かな環境で、落ち着いて見ることができました。

見終わる頃には、ちょっと坐禅をしたかのような感覚に。

感動で、心洗われました。

写真は、この借景のお庭だけ撮影可能だったのですが、まだ見所はあり。
ちょっと行きにくい場所にありますが、ぜひ行ってみてほしいです。
今週1週間くらいはまだ楽しめそうです。

 

円通寺

住所:京都市左京区岩倉幡枝町389(京都バス45・46系統「円通寺道」バス停10分)
拝観料:500円

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。