京都・下鴨の「茶寮 宝泉堂」つるりんわらび餅が絶品!

  • ブックマーク

ちょっと前に取材に訪れた、暑い日にぜひ行ってもらいたいお店「茶寮 宝泉堂」。つるりといただけるわらび餅がおいしいんです、ここ。

下鴨の住宅街にある大屋敷がお店。以前は、どこかの社長さんの邸宅だったそうですが、本当に立派な造りのお屋敷で、門を入ると、こーんな。青々とした苔がとっても涼しげ。石畳には打ち水がしてあって、見ているだけで気分までひんやり涼しくなってくるというもの。
風情があります。

店内ではお持ち帰りの和菓子を扱っている他、お座敷で和菓子やお抹茶、和スイーツがいただけます。

このとき撮影させてもらったのが、わらび餅(950円)。お店でだけ食べられる特別なスイーツなのです。注文が入ってから作られるので、出来立てが味わえます。みずみずしく、つやつやのわらび餅は、箸で掴めるの?という見た目ですが、しっかり弾力があって、ちゃんとお箸でいただけます。

まずはそのまま味わって、あとはお好みで沖縄の黒蜜をかけて。そのままでもやさしい甘みがあるんですが、黒蜜をかけると、わらび餅の自然な甘さは残しつつ、甘みにコクが出るというか、これもまたウンマイです。

さらに、ここの魅力は、お座敷と手入れの行き届いた広いお庭。御簾がかかっていたり、畳の上にはあじろが敷いてあったりと夏仕様な空間は、それだけで心地いいし、おまけに外を見ると、グリーンがキレイなお庭。本当に、しっとりとぜいたくな気分に浸れるのです。

わらび餅、5個で950円て高い…と思ったんですが、こんな空間でいただけるなら、安いくらいかなと。

あ、ちなみにここ、美食の王様・来栖けいさんが来てわらび餅を絶賛していったそう。お品書きを片っ端から頼んで、片っ端からキレイに食べていったそうで。「味のこともしっかり分かってらっしゃって、すごいなと思いました」という裏話まで聞かせてもらいました。

 

 

茶寮 宝泉堂


住所:京都市左京区下鴨西高木町25
電話:075-721-1270
時間:10:00~17:00 水曜休(祝日の場合は翌日休)
http://www.housendo.com

——-

暑い京都を逃れ、島根に帰ってきています。
島根は涼しい! 朝なんて、窓を開けて寝ていたら寒いくらい。
けれど、まだ梅雨のような天気で、おまけにものすんごい湿気。
明日は海へ行く予定ですが、果たして晴れるでしょうか。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。