冷やしてもいつまでも“とろ~ん”な、藤菜美の「ほんわらび」

  • ブックマーク

お義母さんからの頂き物シリーズ!
藤菜美の「ほんわらび」の紹介。

このお店の名前は初めて聞きましたが、
高島屋の催事に出店していたそう。
本社は山科にあって、直営店が清水二寧坂にあるようです。

で、いただいたのは、極シンプルなきな粉のわらび餅なんですが。
食べると分かる、とろーんと柔らかく、舌触りのきめ細かな感じ。これが絶妙!
柔らかいんだけど、しっかり弾力もあって、おいしいー。

あらかじめかかっているきな粉とは別に、
小袋のきな粉も付いていて、
好きなだけきな粉を追加できるのもうれしい。
甘すぎないのでいくらかけてもいい感じ。

と、普通に食べてもおいしいのですが、
結構量があったので、一度冷蔵庫で冷やしてからまた食べたところ…
冷やしたあとでも柔らかさが変わらず。
全然硬くなってなくて、とろ~んとしたやさしい弾力はそのまま。
コレ、すごいなと思いました私。

ほんわらびは白、抹茶、黒糖の3種類があるよう。
どれも200g525円。食べてみたい。
地方発送あるようなので、気になる方はぜひ。

出来たてがもちろん一番おいしいのだろうけど、
ここのなら、きっと送ってもらって食べても十分おいしいと思う。

藤菜美 清水二寧坂店
住所:京都市東山区高台寺枡屋町349(二寧坂 洲浜屋内)
時間:10:00~18:00
注文・問い合わせ:0120-81-2473

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。