アレルギーっ子も安心の蒸しパン「ミスタームシパン 桂店」

  • ブックマーク

今日は午後から桂で取材。
2歳の女の子にモデルをしてもらい、ほのぼの終了~。
ちゃんと自分の写った写真をチェックしてるのが、
なんとも言えず可愛らしい。

で、桂へ取材ということで、まず思いついたのが、
ミスタームシパンが買える!ということ。
ミスタームシパンとは、大阪の小さな店から始まって
今や全国展開するほどに人気の蒸しパンの専門店。

以前、長岡天神店がオープンするときに取材させてもらって以来、
超!気になっていたお店なのです。

なぜなら…

生地そのもののおいしさにこだわって、
材料には独自にブレンドした数種類の国産小麦や、
ミネラルを豊富に含むキビ砂糖を使用。
もちもちむっちり、もう本当においしいんです~!

という話を聞かせてもらっていたので。

最大のポイントは、蒸しパンの生地には
卵や乳製品、バターが使われていないということ。
これなら卵と牛乳アレルギーの息子も食べられる!

ということで、カメラマンさんとの待ち合わせ時間よりも
ちょっぴり早く桂へ出向き、張り切ってお店へ。
阪急桂駅からは徒歩5分もかからないくらい。

お店には、プレーン味の「ミスタームシパン」「ミスターココア」
「オレンジチョコ」「キンピラごぼう」など、
甘いのからお惣菜系まで全14種。

今なら、500円以上買うともう1個プレゼント
という嬉しいキャンペーンをしていて、7個購入+1個もらって計8個。

家に帰ってさっそく息子と一緒に試食をしたら…
最近遊び食べばかりしていた息子も、バクバク食べてる。
残念ながら、一口食べた瞬間「おいしい!」っていう派手さはないのだけど、
もっちりした生地を噛み締めるほどに、しみじみおいしい。
素朴な甘さがじんわり。後引くおいしさ。

なんてことを書いていたら、また食べたくなったので
ムシパン片手にブログを書いていますが。

1個140円~200円。
とりあえず食べてみたかったので値段を気にせず夢中で買ったけど、
価格の割には小ぶり…だなと今ふと思いました。
でもやはりおいしい。

今のところ京都にあるミスタームシパンは桂や長岡天神のみ。
もっと近くにあればいいのになぁ。

また西へ取材に行くことがあったら、行こうと思います。

ミスタームシパン 桂店
住所:京都市西京区桂南巽町140
電話:075-874-6364
営業時間:10:00~20:00 不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。