NEWオープン「そうげんフローリスト」&「そうげんブロカント」

  • ブックマーク

先日、そうげんカフェの店長、せつさんからステキな葉書が送られてきました。

そうげんカフェのすぐ隣りにお花屋さんと雑貨屋さんをオープンしましたよ!
というお知らせ葉書だったんですが、なんと素材は段ボール。
1枚1枚手作りしたそうで、段ボールの上には
英字新聞が張ってあって、その上には白いペンキが塗ってあります。
そんなステキにコラージュされた葉書に惹かれ、早速お店に行ってきました。

 

このお店も、そうげんカフェ同様、せつさんによるセルフビルド。
お店ができる前の、何でもない事務所のような建物を知っているだけにこの変身は驚き!
センスのいい人の手にかかれば、味も素っ気もないただの箱が
こんなに魅力的な空間になるのだとしみじみ感動。

 

緑やお花に囲まれた店内。
花束をお願いしたり、植木を購入したりできます。
フラワーアレンジメントの教室も開く予定だそう。

 

店内の至る所に、なんてことない古い雑貨や木の棚、
古道具が上手に使ってあって、こんな使い方もあるんだ~と思ったり。
真似したいけれど、真似できないセンスにしばし見入ってしまったのでした。

せつさんがデンマークで直接仕入れてきたという
味のある雑貨もかわいらしく並んでいます。
5月には買い付けてきた家具もお店に並ぶそう。
せつさんのセンスで選ばれた北欧家具が並ぶと
店内がさらにステキになりそう。

以前、そうげんカフェに置いてあった巨大な植木があまりにもよかったので
散々悩んだ挙げ句(巨大なだけに高かったのです)購入したことがあったけれど、
家具も買わずにいられないかも。
今から楽しみです。

そうげんフローリスト そうげんブロカント
住所:京都市左京区北白川上終町10-2
電話:075-724-4045
時間:12:00~19:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。