京都・東山のコーヒースタンド「Dongree」店主夫妻とロースター巡り

  • ブックマーク

昨年の夏にお店に訪れて以来、すっかりファンとなった京都・東山「Dongree コーヒースタンドと暮らしの道具店」。こちらでは京都の自家焙煎のお店5店舗の豆を扱っており、「いつか全部のロースターを回って、お話聞きたいんですよね」と店主の柴咲さんが言っていたのを聞きつけ、「それぜひ私に取材させて下さい~!」と言っていたのですが、なんと本当にお仕事の依頼をしてくださったのでした!!近年すっかりコーヒーにハマり、最近はマイベスト珈琲を見つけるべくいろんなお店の豆を購入していた私としては、こんな楽しい取材はない!

ってことで、先週は2日かけて4軒のお店を回っていたのですが、素人の私にはあまりに奥が深すぎて、頭から湯気がでてるんじゃ?っていうくらい難しい部分もあり。

各ロースター店主の話を聞くにつれ、酸味のあるコーヒーが飲めない私は、コーヒー好きといっちゃいけないんじゃ?みたいな気になり、私はコーヒー好きなんじゃなくて、コーヒー牛乳好きなんだなってことが分かりました。取材は各店舗2時間近く、たっぷり濃密。その内容は、ドングリーさんのサイトに掲載されたり、小さな冊子となってコーヒー豆を購入してくれた方のお手元に届く予定だそうです。

濃密なロースター巡りも本日、大山崎コーヒーさんでラスト。知れば知るほど泥沼にはまっていくような気もしますが、話を聞かせてもらうのは本当に楽しい。それではいってきます。

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。