雑誌「Hanako」京都特集で洋館ページ担当。今、京都観光必携の1冊!

  • ブックマーク

4月6日に発行された雑誌「Hanako」京都特集の中で、洋館を紹介するページを担当させてもらいました。テーマは、「ことり会・ライター小春さんが案内する麗しの洋館たち」です。くぅ〜!嬉しすぎる!!!大好きな洋館をテーマに2ページも記事を書かせてもらえるなんて! 最初、編集部の方に電話を貰ったときは「4ページくらいどうですか?」なんて本当にものすごくありがたい言葉を頂いたのですが(嬉しすぎて、たぶん小躍りしてた)一人で4ページもできる気がしなくて萎縮して2ページとなったんですが、もっと頑張ればよかったか!?いや、でも年度末死んでたから、無理だったかと今ちょっとあれこれ思ったりしていますが。

そんなことはさておき、

こんなとこや、

こんなとこ、

もはや京都とは思えないような、こんなところなどなど、市内の魅力ある洋館を全8箇所、それはもう思い入れたっぷりに紹介していますので、ぜひぜひ読んでもらいたいです。で、私は洋館好きではあるけれど、専門家ではないので、今回、京都市文化保護課の石川祐一さんにも協力をしていただきました。

石川さん、カメラマンのナリタさん、本当にありがとうございました!

そのほかのページも、京都の最新珈琲情報だとか、乙女スイーツ、京のおいしいもんなどなど、最新の京都情報がぎっちぎちに詰まっていて、なんとも読み応えのある1冊となっています。

今、まさに桜満開の京都!(あいにくの、お天気だけど)京都観光、必携の1冊になっているので、ぜひとも本屋さんで(購入して)見てみてください。よろしくお願いします!

あぁ、心底、楽しかった。またやりたい。

 

続・楽しすぎる取材。 #kyotojapan #kyoto #カメラマン #取材後姿コレクション #フリーライター #麗しの洋館たち

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)がシェアした投稿 –

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。