【移転】京都・左京区 太陽カフェの2階にある雑貨屋「小さい部屋」

  • ブックマーク

2018年3月、移転しています!

✄————✄———–✄

移転前の紹介記事

特に予定のない週末。
暇に任せて近所をフラフラと散歩をすることが多い。
「この家、デカイ!」とか「こんな家イイなぁ」とか
人の家を見ながらアレコレ言うのが楽しい。

そしてのんびり散歩をしていたら、普段なら通り過ぎてしまうような、
素敵なお店にいろいろ出会う。

雑貨屋さん「小さい部屋」もそのひとつ。

北白川にある太陽カフェの横に、こんな小さな看板を見つけたので
2階にあがってみたのです。

可愛らしい店内に、うわぁと小さくため息。
雑誌の「天然生活」とか、「かわいい生活」なんかに出てきそうな世界。

並んでいるのは、手作りのアクセサリーや、陶器、木のスプーン、リネンなど。
竹のせいろに、吉野杉のおひつなんかもありました。
少し手間だけど、昔ながらの生活道具を使って暮らしたら、
なんだかご飯も暮らしも豊かになりそう。

そんな「ていねいな暮らし」ってやつには、とっても憧れるけれど、
今のところ、ご飯はジャーの保温機能でホカホカをキープ。
蒸すのは、これまた電子レンジの機能を使ってチーン!

ていねいな暮らしにはほど遠い…からこそ、憧れが募るのです。

小さい部屋
住所:京都市左京区北白川堂ノ前町39-6 太陽ビル2F
電話:075-702-7918
時間:11:30~18:30 水・木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。