ちりめん細工館 祇園店

  • ブックマーク

本日の取材先は、大阪のビジネス街にある、高級感あふれるセレクトショップ。
オーダーメードシャツについて話を聞く。
襟の形、袖口、ボタンなんかが選べて9000円から作れるようで、
詳しく聞けば聞くほど欲しくなる。が、女性のシャツは扱っていないよう。
残念…。

さて、今日紹介するのは、かわいらしいちりめん雑貨を扱う
「ちりめん細工館 祇園店」。

風呂敷やポーチなどの定番商品に加え、
かわいらしい動物や人形が、カラフルなちりめんで作られていて、
見ているだけで楽しい雑貨屋さん。
京都らしくていいなと思います。

今回、何をお目当てにお店へ行ったかというと、
たまに行く寿司屋の職人さんに贈りたいものがあったので。

それがこの寿司シリーズ。
全くやる気を感じられないピンボケ写真なので、こちらのキレイな写真も参考に。

桶に入った寿司セットもあったのだけれど、
なんともいえない丸みを帯びた握りがかわいらしくて
ウニ、タコ、鰻、ハマチ、サーモンなど、1つ150円の握りを計6個をお買い上げ。
お寿司を乗せている木製の台は300円。
こんなにカワイイお寿司なら、寿司職人さんも気に入ってくれるんじゃないかと、
今から渡すのが楽しみ。

「ちりめん細工館 祇園店」のすぐ隣りには、
姉妹ブランドである「ハナビラヒトツ。祇園店」のお店が。
こちらには、ちりめんをあしらったネックレス、ピアス、
ちりめんの生地で作られた華やかな髪飾りなどのアクセサリーなどが並びます。

ちりめん細工館では、お土産用を、ハナビラヒトツは自分用という感じ…か。

ちりめん細工館
住所:京都市東山区四条通大和大路西入中之町216番地1F
電話:075-551-1802
時間:10:00~21:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。