古いガラクタもオシャレにお直し。「リメイク工房shimaco」

  • ブックマーク

以前「左京区さんぽ」で取材させてもらって以来、
気に入って何度か訪れているお店「リメイク工房shimaco」。

店主のshimacoさんが、古くて使えなくなったようなものを
オシャレにリメ
クした素敵な雑貨がたくさん置いてあるお店です。

で、このお店の存在を知ってから、ずっとお願いしたいと思っていたことがありました。
それは、古い椅子のリメ
ク。

念願かなって(ずいぶん前に)お直ししてもらったのでした。
古い状態の椅子の写真があればよかったのだけど、
これはお直し後の写真。布もピーンと張ってきれいに仕上がっています。

リメク代は2万円くらいだったか?決して安くはないけれど、
古いものをこうやってまた使えることがとてもウレシイ。

この椅子は、旦那さんのお父さんが学生時代に使っていたという古い回転イス。
何年前だろう?少なくとも40年以上前のもの。

だから、今ならクッションが入っているであろう座る部分に
藁(!)が入っていてたり、足の高さがあってなくて
ガタガタしていたりと、座り心地がイマイチ。

古いものだから、きちんと完璧に直るか分からない…と
shimacoさんはおっしゃっていましたが、職人さんとやりとりをしてくれて、
わざわざ一旦椅子をバラバラにして、組み立てなおしてくれたそう。
布もいろいろな素材、色、柄から選べて楽しかった。

で、ガタガタはなくなり、座るところも弾力性のあるクッションにしてくれて、
布もキッチリ張りなおしてくれたおかげで、見違えるようにキレイに!
でも古いものの良さはしっかり感じられる、いい仕上がりになりました。

皆さんも家に眠っている古いもの、リメクしてみたらどうでしょう?

以前は、部屋の片隅でオブジェのようになっていた古い椅子が、
今やリビングで大活躍してくれているので
リメイクして良かったなぁと思っています。

ちなみに、私は、リメイク代高かったらどうしよう?と思っていたので、
一回椅子を預けて、見積もりを出してもらいました、よ。

リメイク工房shimaco
住所:京都市左京区下鴨梅ノ木町44
電話: 075-723-7335

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。