京都・大原で新鮮野菜を…その名も「田舎のコンビニ屋」

  • ブックマーク

大原の続き。
「里の駅 大原」の近くにも大原の野菜や特産物が買える
「田舎のコンビニ屋」なるものがありました。

「里の駅 大原」の旬菜市場は八百屋さんのようにズラリと野菜が並んでいたけれど、
こちらは野菜半分、商品半分という感じ。

 

手作りの巻き寿司、いなり寿司、赤飯、それにドレッシングやぽん酢など。
「里の駅 大原」同様、大原の朝市を断念した人、
早起きせずとも新鮮野菜が買えるお店が2軒もあります~。

田舎のコンビニ屋
住所:京都市左京区大原戸寺町173-2
電話:075-744-2470
時間:9:00~19:00

————–

行って来ました、漢字検定2級を受けに。
京阪で行ったのだけど、車内のほとんどの人が漢字検定の問題集を開き、
熱心に復習していたのが面白かった。
いろいろな問題集があるんだなぁと思いつつ。

試験は…8割は出来たかなという印象。
で、試験どうだった?といろんな人に聞かれ「たぶん受かってます」
なんて答えていたのだけど、気になっていた漢字を確認すると
あれ「ついらく」ってそんな字だったの?とか(墜落を堕落と書いた…)
「喪心」って「もしん」って読むんじゃないの?(正解はそうしん)
というのがポロポロ出てきて、今ではすっかり自信をなくし。

まぁ結果は来月のお楽しみということで
怖くて答え合わせもしていません。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。