北山にある小さな洋館…?「カフェ バーバチカ」

  • ブックマーク

月曜日が祝日だと、1週間が終わるのがホント早い。

今週の私は…というと、毎日少しずつだけど、漢字の勉強をしていますよ。
畝(うね)という字だって書けるようになったし、
白砂青松(はくしゃせいしょう)という四文字熟語の意味も知りました。
漢字の勉強って、クイズを解いているようで、意外と楽しいのです。

さて、そんな勉強の合間を縫って、ライター友達とお茶をしに北山へ。
京都本を見て、内装が気になっていた「カフェ バーバチカ」。

店内は思っていた通り、豪華だけど気取らない素敵な空間でした。
ゴージャスな家具が、ヨーロッパかどこかの洋館を思わせる。
いろいろな大きさ、色、形のソファがあって、どこに座るか迷うのもまた楽し。
おーきなグリーンのソファを陣取り、ベビーカーを横に、ゆったり寛ぐオンナ2人+赤ちゃん。

 

ばななに目がない私がオーダーしたのは、
もちろんしっとりバナナケーキ(500円)それに、チャイ(500円)。
ケーキはドリンクとセットにすると100円引きだったか、50円引きだったか…。
友達は、ビーフストロガノフを。

お皿やティースプーン、シュガーポット…ひとつひとつがホントに可愛らしい。
お店のいろんなところで、乙女心はくすぐられまくり。

ただひとつ後悔していることが、お手洗いに行っていないこと。
帰ってきて京都本を見てみたら、「(トイレが)密かに自慢なんです」という店長さんのコメント。
加えて、そこがお手洗いとは思えない素敵な空間の写真。
お手洗いが清潔且つ素敵に演出されているお店は、
間違いなく、良いお店(小春調べ)。
次行ったならば、忘れずお手洗いもチェックしようと思ったのでした。

カフェ バーバチカ
住所:京都市北区上賀茂今井河原町66 Tree’s Bldg. 2F
電話:075-722-8087
時間:11:00~20:00 月休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。