遂に見学!京都五条「河井寛次郎記念館」

  • ブックマーク

成人の日のお休みが過ぎると、ようやくお正月気分も抜ける。
遅いですか?ようやく今年も始動。

まずは…と漢字検定の日程を確認してみたら、2月1日だったことに衝撃!
2月だから、2ヶ月あるし余裕…と思っていたのに、1ヵ月どころか
2週間ちょっとしかない。
慌てて過去問を解いてみたら、200点満点中140点。
合格するには180点は必要なんですが。
今日から猛勉強です。逆転なるでしょうか。

さて、この3連休中、やっと行って来ました。
念願の「河井寛次郎記念館」へ。

 

河井寛次郎記念館へ行ってきた!

 

もう、そこは想像以上に素晴らしい空間でした。
感動とため息の連続。
陶芸や木彫、文章などの作品も見られるんですが、
私が見たかったのは、家そのものの造り。

入館料は900円で、ちと高いなぁという印象でしたが、
見学を終えた後には、3000円の年間パスを買って何度でも行きたいと思ったほど。

 

左の写真は、入ってすぐのところ。囲炉裏があります。
畳と板張りと、どちらからでも囲炉裏を楽しめるというのが良いなと思いました。
そして、白のタイル張りの洗面所。レトロでイイ感じ。真似したい。

</> 

 

中庭から建物をみたところ。あと、休憩室においてあったイスたち。
置いてある家具、それに照明など、
どれをとっても素敵で、ホント絵になる空間ばかり。

 

私が一番感動したのは、2階。
2階というか、1階~2階の吹き抜け部分。
こんな古い家で、吹き抜けなんて、その発想がスゴイ。
この記念館は、寛次郎さんが日本各地の民家を参考に
設計、建築されたそうだけれど、さすが芸術家の造る家は違う。

ヴォーリズの和と洋が合わさったモダン建築も良いけれど、
改めて日本建築の素晴らしさを思い知らされた建物なのでした。

河井寛次郎記念館
住所:京都市東山区五条坂鐘鋳町569
電話:075-561-3585
時間:10時~17時 入館は16時30分まで 月休(祝日は開館、翌日休館)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。