大人のティーサロン「ばらの木」

  • ブックマーク

今日は、旦那さんに赤ちゃんを預けて、いざ2ヶ月ぶりのヘアサロンへ!
サロンまで、ひっさびさに自転車をこいだら、気分爽快。
ショートカットからすっかりボブになってしまった髪も
バッサリ切ったら、さらに気分爽快!
1時間半だけ、母ちゃんモードはお休み。1人の時間を満喫したのでした。

さて、本日紹介するのは、先日初めて行った、
�燗�屋のティーサロン「ばらの木」。
高級ブランドばかりが入っている2階にあります。

 

そのせいか、「ばらの木」のお店も、高級感漂う雰囲気。
入っているお客さんも、何だかマダム~とかジェントルマーンという感じ。

お店は満席で、しばらく外で待っていたのだけど、
スタッフがテキパキと案内をしていて、とっても気持ちの良い接客だったので
待つ時間もあまり気にならず。
席に着いてからも、ホテルのティーサロンに来たかのような心地よさ。

  

写真は、左から期間限定メニュー「小山園の抹茶パフェ」に、
「ミックスジュース」、そして私がオーダーしたケーキセット。

ケーキの正式な名前は忘れちゃったけれど、
「チョコレートケーキの王様」とメニューに書いてあるもんだから、
これは、頼まずにいられない。
お酒のきいた大人の味。カットが小さめかなと思ったけれど、
しっかり厚い板チョコでコーティングされていて、食べごたえ充分。

メニューを見て、一番気になったのが
イングリッシュアフタヌーンティーセット(2310円)。

サンドウィッチにスコーン、口直しのジェラート、それにプチガトー
大好きなものばかりオンパレード…
いつか、本気でお腹をすかせてチャレンジしたい!と思います。

�燗�屋京都店2階 ティーサロン ばらの木
住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52
電話:075-213-3891
時間:10:00~20:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。