京都・岩倉のパン屋さん「レ・フレール・ムトウ」週末用の特別なパンを買いに。

  • ブックマーク

移転以来、すっかりご無沙汰だったパン屋さん
「レ・フレール・ムトウ」に行って来ました。

いつだったか、宝ヶ池通りから岩倉の叡電木野駅の近所に移っています。
お店は広くなって、奥にはカフェスペースが出来ていました。

外観は、すっかりクリスマス仕様。そして店内に入ると、あまーい香り。
香りにつられて、ついつい買いすぎてしまうのは、いつものことですが…。

なんか、全体的にお高いような気が。
パンの大きさはどれもわりと小ぶりなのに、平均150円前後。
小麦が値上がりしたから? 以前よりお手軽感がうすい…。

でも、買ったパンはどれもおいしくて、味は相変わらず満点!
「レ・フレール・ムトウ」は、いつもの朝ごはん用というより、
週末、ブランチ用の特別なパンを買いに…といったイメージかな。

レ・フレール・ムトウ


住所:京都市左京区岩倉 幡枝町813-8
電話:075-724-3299
時間:9:00~20:00 無休
http://www.moutaux.jp/index.html

さて、私にとって、この時期のお楽しみといえば、来年の手帳選び。

時間軸が縦に配置されているバーチカルタイプ。
土日の枠も平日と同じ大きさだけあって、
デザインは可愛すぎず、かといって、堅すぎず。
大きさは、たっぷり書き込めて、持ち運びしやすいB6サイズがベスト。

…と、これが私の理想の手帳。これが、ありそうでなかなか無い。
ネット上でアレコレ検討した結果、
来年の手帳は、ほぼ日手帳のA5判サイズのものに決定!
手元に届いたら嬉しくって、早速来年の手帳、使い始めております。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。