「ぱんのちはれ」…京都一乗寺に新しいパン屋さん発見

  • ブックマーク

先日、一乗寺にあるフレンチレストラン「ラ・ベルベーヌ」へ取材に行ったら、

オーナーが学生時代のアルバイト仲間でした。

事前に担当者の名前を見て、もしかしてそうかなぁ、
まさかなぁと思いつつ行ったのだけど。 いやぁ、京都はやっぱり狭い。
こーんな近くでお店を開いていたとは! 15年ぶりくらいの再会です。

あの若かった彼が今じゃフレンチレストランのオーナーで、おまけに
こんな繊細なフレンチを作り上げるなんて、すごーく不思議。
撮影後、試食させてもらったのだけど、パイナップルのクレームブリュレとか、
めちゃくちゃおいしいし!!!
敬語で話す方がいいのか、ため口でいいのか最後まで分からないまま帰ってきました。またWEBがアップされたら紹介したいと思います!

——

で、その取材に向かう途中、叡電一乗寺駅からすぐのところに

可愛らしいパン屋さんができていたので、思わず入店。

今年の3月にオープンしたんだそう。

image

お店の名前は「ぱんのちはれ」


image

オサレな店内に可愛らしくパンが並んでいます。

image

リピーター率No.1と書いてあった「エンゼルナッツ」というパンと「ねじりドーナツ」を購入。

エンゼルナッツ、この大きさで200円+税というお手ごろ感もよく。

もっちりとした生地に細かなピーナッツがたっぷり入ってておいしかった!

ねじりドーナツは息子に取られたのだけど

「おいしかったから、この味覚えておきたい」などと言っておりました。

また買ってきてあげよう。

気になったのは、お店の入り口にあった
「アイスメロンパン始めました」という張り紙。
(冷やし中華始めました的な?)
しかも、私の前に並んでいたお客さん3人が3人とも それをオーダー。
見ていたら、メロンパンにバニラアイスをはさんだパンが登場(そのまんまか!)
おいしそうだったなアレ。
サクサクのクッキー生地とアイスと、一緒に食べたらおいしいんだろうな。
メロンパンは焼き立てだとなお、おいしいだろうなぁ。
取材前で食べる時間もなく断念しましたが、次は試してみたい、アイスメロンパン。

ぱんのちはれ

住所:京都市左京区一乗寺南大丸町48-6

TEL:075-703-6710

時間:10:00~19:00 水曜定休

—————————————————————————–

●不定期エッセイnote「徒然コラム」

●お仕事のご依頼は、

writer.ezumiあっとまーくgmail.comにメールをお願いします。
(分かる範囲で日時、〆切、ギャランティーなど、詳細の記載をお願いいたします)


 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。