コーヒーレストラン ドルフ

  • ブックマーク

珍しく連日ブログアップ。いつまで続くのか…。

ちょっと前になるけれど、国際会館の駅近ということで
グリルじゅんさいと合わせて取材に行った「コーヒーレストラン ドルフ」。

このときはまだ冬だったので、写真暗いですね。
再び素人カメライターとして行ったので、写真はこの出来栄え。
カメラの設定を調節すれば、明るくなるんでしょうが…

店内のテーブルやイスはアンティーク調で揃えられ、落ち着いた感じ。
寒い時期には暖炉に火が入って、暖かいゆ~ったりした空気に包まれます。
店の奥には広い庭が望めるサンルームもあって、
天気のいい日は、ここでのんびり過ごすのもいいなぁと思う。
この日も光がいっぱい差し込んできてて、気持ちよかった。

平日の昼下がりに取材へ行ったのだけれど、
おじ様たちの憩いの場という感じで、結構席が埋まっていて、
30分くらい席が空くのを待って、やっと撮れたのがこの一枚。

お店の売りは、時間をかけてゆっくり抽出する水出しコーヒー。
毎朝店で焼き上げるというスコーンも美味しそうでした。
その手作りスコーンとフルーツサンド、ドリンクがセットになった
ハイティーセットは、結構ボリュームがあって、ランチにもいけそうなくらい。

お店の場所は、国際会館の駅から徒歩3分くらいで便利だし、
駐車場も充実しているので、今の季節ドライブがてら寄るのにいいかも。

ちなみに、隣接しているカフェ「ニフティ」もオススメ。
「ドルフ」がおじ様やマダムの憩い場なら、
「ニフティ」は、20~30代の若者が集うって感じのお店です。

コーヒーレストラン ドルフ
住所:京都市左京区岩倉東五田町4
電話:075-722-2367
時間:9:00~24:00(L.O.23:30) 無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。